airbabe

ときどきうたをつくっています

 UTAUとかMMDとか

  ニコニコ動画

記事一覧(22)

いびつ

過去のトラウマや他人に心の傷口を見せびらかすのは見る、見られる側ともにあまり好きな行為ではありませんでした人のそういった経験を聞くと必要以上に想像力が働いてまるで疑似体験のように自分も辛くなってしまうので冷たいと思われようともなるべく避けてきましたそういった体験ももちろん人にはさせたくないので出来るだけ本当に辛かった自分の話しはしないようにつとめてきた様に思いますけれどそれが出来なかったもっと本当の理由は自分が社会的にはいびつであることを認めたくなかったのではないかトラウマがある自分自身に目を向けたくなかったのではないかと思うようになりました以前自分は何故音楽が嫌いになったかをブログにまとめたことがあったのですがもっと本質的な理由が最近更に解って来たような気がします自分の音楽嫌い、歌嫌いは多くは幼少~青春時代に形成されたものだと勝手に思っていたのですがおそらくはもっともっと幼少期の体験から来るものですもうそれをずっと忘れていて最近ふと思い出したのですが幼少の頃自分の親はコーラス隊に入っていたことがありましたその会合の間はずっと一人遊びをしなければならず何時間も退屈な時間を独りで過ごさなければならなかったのです親と離される時間=歌という図式が知らず知らずのうちに形成され、歌を聴くことは退屈、苦手という意識が育っていったのではないかと想像しますとても単純な理由ですねきっと今の自分が思ってる以上にとても寂しかったのだろうと思いますたいしたことない何処にでも誰にでも経験がありそうな小さな いびつそういうひとつひとつが知らないうちに今の自分を形成しています探せばあなたにだってあるかもしれない自分が人と違う理由、それが自分でも解ってはいても説明出来なかったのは過去を冷静に見て分析することをしなかっただけなのでした創るもの、話すこと、性格、人から変わってるね、個性的だねと言われる事は今まで随分あって、自分でもちゃんとそれを受け入れて納得した上で振舞ってきたつもりでしたでもそれは本当は凄く嫌だったのかもしれません歌う楽しさを知る前に歌が嫌になってしまった本当ははじめから皆と同じが良かったいびつな歌を創っていきます

無料の本当の価値について

先日 原罪の聖餐 ゲキヤク・カゼヒキ2ndコンピレーションアルバムに参加しましたこのアルバムは無料ダウンロードできます今回で無料配布のコンピレーションについては前回参加の朔望の舞踏についで2度目の参加になるのですがここで日頃airbabeが考える世の「無料であるもの」に対する考えについて少し語りたいと思います音楽に限らず世には無料のものがあふれています無料のアプリ、ツール、動画、ゲームなどなどそれが無料で成立している背景にはそれぞれに様々な理由があって一概にこうだと説明は出来ないのですがairbabeの中には好きなタイプの無料と苦手なタイプの無料が存在しますオープンソース、共有、コミュニティの活性のため無料 ...好きなタイプお試し、客寄せ、詐欺まがいに利用で無料 ...苦手なタイプまずいきなりでアレなんですが、何でもかんでも無料やタダで良いという考えにはairbabeは基本的には反対派なんです ニコニコ動画ユーザーにも恐らくたくさんいるであろうアンチ拝金主義的な考えにも実はあまり賛同できないのです(なんとプレミアム会員でないにもかかわらず!)タダでできるものは世に中にはなにもありません安易に無料に思われがちなボランティア、あれは自身が金銭にも時間にも余裕がある組織、人物で無ければ到底継続はできません社会人経験者であれば人を動かすというのはどういうことか、自分には出来ない能力を持つ人に何かを依頼しやってもらうということ、そしてその人件費こそが一番重要でお金がかかるのだということは理解できるのではないかと思うのですtwitterなどで時々散見されるアイコンを絵師に無料で描いてもらって自分が描いたことにしてしまう若者や、MIXの依頼を自分の知名度を理由に無料にさせようとする歌い手なんてのが炎上してたりしますが、恐らくは未だ学生さんかなんかで社会経験が少なく未熟なだけなのだと思います時は金なりなのです 人一人の持つ時間には限りがあります誰かの人生の時間を自分のために拘束したらそこには何らかの対価が発生してあたりまえなのですたとえは悪いですが奴隷でさえ食事を与えられなければ働けないのです無料のものはそれがどうして無料なのか、なぜそれを無料にしてるのかその意味を少しだけ考えて欲しいのですlinux も、MikuMikuDanceも、COMIN'KOBEの入場料!もぜんぶ無料だけどそれは「タダ」ってことじゃないと思うのです こんなにも「タダ」に対し否定的な考えをもつairbabeが無料コンピに参加したり動画サイトに作品投稿したりすんのは益々どういうつもりだと思われると思うのですがもう少し説明します無料の音楽が配布されたら皆さんはどんな印象を持つでしょうか「どうせタダだし身内サークルノリでクオリティ低いんでしょ?」「無料でいいって事はその作品を売るほどの自信はないんだな?」「創るのによほどお金かかんないんだろうな」うーん、一理あるかもしれない聴く人がDTM経験者なら少しくらい作り手側に贔屓目に見てくれるかもしれませんが完全受身のリスナーの立場ならそういう厳しい意見、当然出てくるだろうなと思いますでもairbabe達は出来ればひとつづつそれを結果で否定したいです「無料でこんだけ力入れてるの、意味解らん馬鹿じゃないの(褒め言葉)」って言わせたいし「世界中何処からでも聴きやがれって意味で自信満々で無料なのかな」って思わせたいし「気力も思想も全力でコストかけて創ってんな」と思ってもらいたいんです良いものが無料ってグダらずにちゃんと成立できたとしたらめちゃくちゃかっこよくないですかそれが今回もコンピに参加した一番の理由ですairbabeも今回の参加者の音源、全部聞きましたがいい加減な音源はありませんでしたもちろんアートワークもマスタリングもマネージメントも手抜きなし、ガチと思います自分も今回テーマとしっかり向き合って戦ったと思ってますもし少しでもアルバムをダウンロードしていただけて、いいなと思ったら皆さんにも出来ることがありますtwitterでもSNSでもアルバムをとにかく話題にしていただけたらと思いますどうしてメジャーアーティストは色んなブログやSNSで「100年に1度の天才!」みたいに書き立てられるのかブロガー、ライターはどうやって生計を立てているのか少し考えれば解りますね宣伝広告費というやつですそれがでかいんです皆さんと一緒に少しでも抗いたいです我々は皆さんに原稿料をお支払いすることはありませんがただ、このアルバムを聴くのに途中興味ない広告が突然入ることも無ければアプリをプロバージョンにアップグレードするよう誘ったりすることもありません無料のソフトウエアも音楽も沢山の人にシェアされることで初めてその存在に意味を成します内容に否定的な意見でもいいです話題にしてください宜しくお願いしますUTAUは無料ソフトじゃないよBowlRollが何で成立してるのかとか今はREAPER認証しないで使ってる学生さんなんかももしあなたがお給料を貰いだしたらちょっとだけ考えてみて欲しいのです英語のfreeには自由という意味もあるのです自由に生きたいですね

Qratesのアルバムプロジェクトを終了します

既にアルバムを注文していただいた方にはお知らせしているのですが、去年からクラウドファンディングで進めていたアナログレコードのアルバム製作のプロジェクトを2019年2月28日を以て終了しますこのプロジェクトはもともと期間を無期限に設定できたのでいつか達成できれば良いと思ってはじめた事なのですがQratesの運営方針が変わりファンディング募集の期間は最長で75日ということになったようですいつか本当にレコードで出せたらいいなという夢が見られなくなるのは少し残念ですがそれについて特に気落ちはしていませんプロジェクトは当初の見込み通り?達成こそ出来ませんでしたが自分としては色々と得るものの多かった試みだったように思います海外にもアナログレコードで手に入れたいという層は未だ居ることがわかったし、何より応援してくれる方々が自分の予想よりは多くいたことはとても嬉しかったのです注文していただいた方はきっとアナログ版は必要じゃない方がほとんどだったのではと思いますデジタルデータだけが目的なら只の飾りにしかならないレコードに2~3000円はちょっと高額過ぎる気はします折角応援して下さる方に自分の我侭だけでまるで意味のない負担を強要しているようでそこの部分は何だかずっと心苦しく思っていましただからQratesからプロジェクトのクローズの知らせが来たときは残念な気持ちより内心少しほっとしてしまったのですプロジェクトがもし仮に万が一にも達成されてしまったら嬉しいけれどそこまでの金額を払う価値のあるものが果たして創れているだろうかそんな葛藤がずっとありました今回自分の中でとてもはっきりと見えたことがあります自分はきっと曲を売りたいのじゃなく聴きたいといってくれる人に聴いてもらえたらそれで満足なのだろうなと人にご飯を作って食べてもらって、それでおいしいといってもらえるのは好きだけどじゃあ飲食店がやりたいかというとそうではないのです作る音楽に対しても同じような感覚を持っていますそれを仕事にしない、出来ないのは逃げなんじゃないのか本気じゃないんじゃないか何でそこを目指さないのかそんな風にしか考えられない人もいると思いますが違うのですairbabeにとって創る事は暮らしなのですいつだって本当に味わってるしいつだって本当に聴いてるのです絵を描くのだって歌うのだって文を書くのだって暮らしです皆が皆プロになりたくてやってるわけじゃないじゃあプロより腕が、何より気持ちが劣っているかといえばすべてがそうとは言えないんじゃないかと思うのですどうせやるなら何か変わった形で、しかも自分が本当に興味あるものでという考えから今回のアナログレコードのクラウドファンディングに至ったわけですが多くの人が望まない形のアルバムリリースは理解されなくてきっとairbabeはなに考えてるんだと頭の上にはてなを作られた方もきっといたのだろうなと思いますこれがプロだったら負け戦なんてしないでしょう何もリスク無く自由に動けることが今の自分の強みだと思っています時には無謀と思えるようなことにも挑戦して夢見て失敗して今後も退屈な毎日に少しだけ刺激を感じながら暮らせたらいいなと思いますここまで読んでくれた方は相当真剣な方なのでこっそり言いますがもうあまり期間はありませんがairbabeの1stアルバム、デジタル版 は今は実質無料です(2月16日の現時点では)どういうことかというとクラウドファンディング、成立しないと口座から代金は引き落とされませんが、ファンディングに参加(アルバム予約)した時点でデジタル版はフルでダウンロードが出来るようになります後数日で達成目標100枚にはまず届かないと踏んでいます成立さえしなければ99人分は無料ということですもしサイトを見て90枚近くになっていたら以後はお金発生してしまうのですみません諦めてください(多分大丈夫)無料とはいえアカウント作ったりpaypalで支払い手続きしたりと手間が多く面倒ですそんな状況でも最初から予約してくださった方々には本当に感謝ですほぼほぼ欲しいと言ってくださった方にはもう行き渡っていると思うのですがアナログレコードなんていらないからなーと躊躇してた方がもし居られましたら遠慮なくどうぞ

つかむ

昼下がりの公園ランチを済まして仕事場に帰ろうとしたときだったふと視線を感じて振り返るとベンチに腰掛けたまま、真っ直ぐにこちらに顔を向けた少女の姿があった「見られてる?知り合いかな」整った顔立ちであることは遠目でもなんとなくと見て取れたがこんなときに限ってタイミング悪くメガネは仕事場に置きっぱなしだ気分でも悪いのだろうか、少し顔色が悪いような気がしたちょっと心配だからもう少し近づいてみよう もし知り合いなら声をかけてくるだろうから全然知らない人だったら恥ずかしいなそんなことを考えながら2歩、3歩と彼女のほうに足を進めるしかしその首だけをこちらに向けたまま微動だにしない彼女の態度には少しばかり違和感を覚えた「あ」思わず声が出てしまった見えたのだ彼女の顔がはっきりと見える距離まで近づいたときそのこめかみには銀色の丸いコネクターが備わっているのが・・・・・・・合成音声ソフトUTAUのVOICEBANKであるORIGAMI-Iの歌声にはそんな雰囲気があります人のような生々しさ、そして機械であることの緊張感人間そっくりに、人間のように歌うことが必ずしもボーカロイドの魅力ではない合成音声で、機械そのものであることが魅力なのだそんな事を考えて創りました良かったら聴いてください

ルコバンド

2012の6月頃、airbabeはメンバー、演奏がすべて仮想のバーチャルバンドのプロデュースをはじめましたUTAUという合成音声ソフトの情報を追いかけてニコニコ動画を漁るうちに、MMDという3Dソフトや、ボーカロイドシーン、そこに広がる果てしない創作コミュニティの存在を知ってすっかり夢中になっていましたボーカロイドソフトを使い曲を作る動画投稿者はボカロP/UTAUP(PはプロデューサーのP,アイドルマスターの動画投稿者への呼称がルーツらしいです)と呼ばれ、自分の気持ちを代わりに歌わせたり、理想の初音ミク像を作り上げたりしていましたairbabeはそこで何をしたかったかというと、この広大な世界のバックグラウンドに乗っかってバーチャルな街の片隅の小さなライブハウスで演奏していそうな、インディーズガールズロックバンドをプロデュースしたいと思ったのでしたボーカロイドを単体でアイドルのような存在としてプロデュースしているPは沢山居ましたが当時、オリジナルでバーチャルバンドという形態はじろうさんというUTAU動画投稿者のTOBEFOOPERSというバンド創作以外の作品は見当たらなかったように思います(それ以前を正確に調べたわけではないので他にも居たのかも知れません)そういった形態のPがもっと沢山ぼこぼこと登場して、仮想の町でバンド同士が対バンするなどという妄想を楽しみながらいくつか投稿を続けていましたUTAU音源のはじめは重音テト、欲音ルコを使ってバンドを結成したのですが、声の個性がぶつかりあって失敗、解散、テト代わりに雪歌ユフが参戦して現在の形に弱音ハクというキャラクターはボカロ界においては不遇の存在だと思っていましたボカロではないので自分の声や歌は持っていないしいつも自分の創った曲に自身が持てずお酒を飲んでうなだれているといった、マイナーボカロP達の心象を具体化したようなキャラクターでした自身がドラムをちょっとだけ齧っていた事もあって、思いの象徴としてのハクと言うキャラクターをドラムの、バンドのリーダー的ポジションにどうしても置いてあげたかったのですメンバーをUTAUのキャラクターだけで構成しなかったのはそういう理由からです後、ソーホーというUTAUベース音源、地味音オトセという魅力的なキャラクター、色々入れたくなって世界が膨れ上がってローディー役にしてみたりPAを任せてみたり...自分で漫画や小説は書いたりできないのですがMMDを使うことでそれに近いような、ごっこ遊びが出来ることが嬉しくて仕方ありませんでした音源さえ使用していますが、多分ルコバンドでの欲音ルコはUTAU音源の「欲音ルコ」ではないのだろうと思っています生真面目で真っ直ぐでちょっと臆病な「Ruko」というまた別の世界の姿なのだと思います他のUTAUにしてもそれは同様です音源提供者さんやキャラクターデザイナーさんたちが作り上げた世界に則った2次創作の世界だったのだと思いますはじめは3曲投稿したら投稿は終わろうと思っていました自分のDTM能力の拙さを、彼女たちの演奏能力のせいにするには3曲ぐらいが限界かなと思っていたし、やってみたかったことをクリア出来たらそこでもう満足してしまうだろうと思っていたのですでも、soundcroudでインスト曲をアップロードして1年間放置してもほぼ反応のないような砂漠暮らしをしていた自分にとって、ニコニコ動画のコメントやマイリス、広告といった環境はあまりにも甘い、刺激的な環境でした反応がもらえるのが嬉しくて気がつけば数年が過ぎ、いつしか投稿はライフワークのようになっていました同時にその頃から欲のようなものも芽生え始めましたポツリ、ポツリと僅かに応援してくれるひとが増えるたびに、自分の能力の無さ、人気のなさに劣等感を感じて息苦しさを感じるようにもなりましたもっと人に聴いてもらいたい人気のあの人達とは何が違うのだろうDTM能力、調声、PV演出、自分は何がどのくらい劣っているのだろう今思えばそういって比べることも間違いでしたtwitter芸、SNS暴言、炎上、馬鹿みたいな桁の再生数、ランキング工作、大量広告、神絵師との積極的な交流、ネタ曲、学級会、テレキャスターのカッティング、人間のトレス、人気音源、無地背景制服少女の一枚絵、邦楽モドキ、歌い手コラボ、顔出し全部やればいいことも解っていましたそれこそがニコニコ動画で、それこそがUTAU/ボカロのメインストリームでしたそれをやらないやつは腑抜け そんな歌が流行っていました腑抜けな自分には無理でしたそれは音楽や創作以外の活動を必要とされる世界だったからです実際もうUTAU勢は同じ流れのV-tuberへと世界を移行しています音楽じゃなくてもいいのですUTAUじゃなくたって遊び道具を変えて馴れ合えるならば何でも急激にひどく退屈になりましたUTAUでBANDも自分の中でもう新しい事柄ではなくなってきましたそんな空気もあってか、ぽつりぽつりと聴いてくれる人が減っていきましたその頃のニコニコ動画のサービスの低迷も拍車をかけていましたアカウントは消えニコニコ自体を去る人達も沢山見ました広告をいつも欠かさずくれていたあの人でさえとうとうだれもUTAUのことに触れなくなってしまいましたそれでもまだUTAUを触り続けていましたBANDの代わりにairbabeが”浮気”と名づけたフォルダーへの投稿が増えていきました視聴者のことを一切考えない完全に自分だけの世界の作品作りですyoutubeへも投稿を始めましたぽつり、ぽつりと海外の視聴者がメッセージをくれるようになりましたまた、1からやり直しですこのアルバムは、一番UTAUが楽しくて仕方なかった頃の思いが沢山詰まっています色々拙かったり、今聴くと自分でも赤面してしまうようなものもありますでも、きっと一番いい時期の楽曲たちです良かったら聴いてくれると嬉しいですきっとこんなことを書くと誤解されたり、失望される方もいるかもしれないのですが本当はこのアルバムを作るのは正直苦痛で仕方無かったことを告白します新しい曲を書くのならともかく過去の曲を再編集する作業だけのために只でさえ少ない日常生活の創作の時間を削り取られることが苦しくて、何度もやめてしまおうかと思いました誰かのためだけにするという創作は結局自分にとっては不毛なことですそれが自分にとっても相手にとっても楽しければもちろん作業ははかどるのですが自分にとって常に目新しさや作業の楽しさの力を借りなければやり遂げることはむづかしいのです出来上がったそれを期待している声がほぼ皆無ならなおさら、ですでも一人、アルバムがほしいといってくれたあなたがいて、約束しましただからその約束は守りましたモチベーションの拠り所はそれだけでしたこれは創作の動機としてはけして健全な状態とはいえませんそのまま放置して次に行きたくなかったのですあなたの期待した楽曲は入っていないかもしれませんもう待てなくて去ってしまった後かもしれませんただどこかで聴いていてくだされば幸いです今後どうするかは未だ決めていませんメンバーと話し合って決めたいと思います